ブログトップ

総統雑記EX

bluewolve1.exblog.jp

人権ファシストにして軍国主義フェミニスト、政治結社「青狼会」総統。佐藤悟志の雑記集。彩流社『デルクイ02』発売中!          

<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 麻薬だ偽証だ暴行だリンチ殺人だと、このところ下劣な話題ばかりを世の中に蔓延させているこの業界は、果たして今後も日本に存在するべきなのだろうか?。


 


 例えば、日本国民全員が相撲取りみたいな体型になったとして、国民の健康は増進したと言えるのか?。むしろ成人病の蔓延で国家財政が圧迫されるだけではないか?。


 例えば、自衛官全員が関取みたいになったとして、我らが自衛隊は強化されたと言えるのか?。単に食費と燃料代が余計に掛かるだけではないのか?。その体型が実戦で無用の長物として無様な醜態を晒す蓋然性は、すでに格闘技のリングの上で明らかでは?。


 そもそも格闘家にそうでない我々一般人が品格を求めるのは、その強さをみだりに振りかざして他者に危害を加えるようでは困るからである。強さを制御し、むしろ弱者を守るためにその力を用いる人格を持って初めて、格闘家は格闘王として讃えられる資格を得る。強いからといって所構わず暴れ回って被害を及ぼすようなら野犬や人食い虎と変わりがない。そんなケダモノが偉いのなら、ゴリラやライオンを連れてきて戦わせる方がよっぽどリアルだ。そして、そんな卑しいケダモノに強力を与えて被害を拡大するような業界は、むしろ社会にとって有害ではないか。


 人格の悪しき者に力を与えることの有害性は、『北斗の拳』を参照すれば子供でも分かる。にも関わらず無分別に嘘つきや乱暴者や麻薬の売人を強化してしまうような親方やら理事やらは、例えて言えば拳銃を密売しているようなものである。そんな行為を許す業界は、そもそも日本社会に存在するべきではないだろう。


 


 たとえ相撲が消滅しても、日本人が手本とすべきアスリートはいくらでも居る。むしろイチロー選手や石川遼君の方が、子供の教育上も好ましい見本ではないか。今回の騒動で運営すらカネ次第であることが明らかになった相撲協会が、貴乃花理事一人の当選でマトモになるとは思えない。これ以上愚劣な事件を引き起こすようであれば、亀田一家共々この社会から退場していただくのが、相応しい処分ではないだろうか。


 





[PR]
by bluewolves01 | 2010-02-10 05:03 | 指定なし