ブログトップ

総統雑記EX

bluewolve1.exblog.jp

人権ファシストにして軍国主義フェミニスト、政治結社「青狼会」総統。佐藤悟志の雑記集。彩流社『デルクイ02』発売中!          

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

  


2012年08月22日(水) のツイート


 


コードギアス新章「亡国のアキト」を見た。


 


神聖ブリタニア帝国に侵略され属州「エリア11」にされた日本。


欧州に逃れた人々も敵性外国人として強制収容される中、


 


日本人の若者たちは家族の市民権を得るため、


EU軍の特攻兵器に乗ってブリタニア軍に


次々と自爆攻撃を。


 


思い出すだに涙が止まらない。


 


posted at 18:30:38


 


 


 


【コードギアス 亡国のアキト】


 


キャラやストーリーの出来不出来は第一章なのでまだ分からないが、自分としてはEU軍日本人部隊の決死の戦いを見れた時点でもう満足だし、充分有意義な作品だろう。エヴァが第一話シンジ君の「逃げちゃダメだ」のシーンを描いたことで充分であるようにだ。


 


posted at 22:37:42


 


 


 


 


2012年08月23日(木) のツイート


 


【コードギアス 亡国のアキト】


 


そして「イレブンにはもともとハラキリだのカミカゼだのが


お似合いなんだよ」と居直り侮蔑するEU軍の指揮官に対して下士官が


 


「彼らはイレブンではない!。ニッポンジンだ!」


 


と言い放つシーンでもう涙。だから本当は、


テレビCMを見た時点で泣いてたんだけどね。


 


posted at 04:16:47


 


 


 


【コードギアス 亡国のアキト】


 


最後に流れる主題歌。リフレインするサビの歌詞は


「自由って切なくないですか?」。


 


自由が切ないのはその代償に、


多くの人々の血と汗と涙が流れているからだ。


 


「wZERO部隊」は、


米陸軍422連隊の翻案であると同時に


「フクシマ50」の翻案でもあると思う。


 


posted at 05:06:25


 


 


 


 


その後続けて、群青先生に薦められたヤン・ヨンヒ監督の


自伝的映画「かぞくのくに」を見る。


 


実は、在日話を使った北鮮擁護映画、要するに「パッチギ」みたいなものではないかと正直疑っていたのだが、良い意味で完全に裏切られた。


 


収容所国家北朝鮮のガス室的な本性を、


むしろ丁寧に暴き出している。


 


posted at 10:50:39


 


 


 


ヤン・ヨンヒ監督の映画「かぞくのくに」には、強制収容所も公開処刑も、政治犯の家族を使った生体実験の話も出てこない。ただ北朝鮮帰国者とその在日家族の現実が描かれているだけである。


 


だが、どれほど理不尽でも残酷でも、「本国の決定」であれば従わなければならない現実が、全てを語っている。


 


posted at 14:42:24


 


 


 


日本なら国民が騒げば首相でも会って話を聞かねばならない。


だが北朝鮮の当局者にそんな面倒は不要だ。


「それは質問か?」と一言問えば、たちまち国民は押し黙る。


 


北では許可のない質問は則ち反抗であり、大罪であり、


質問者とその家族の惨死を意味するからだ。


 


「かぞくのくに」の描写は簡潔である。


 


posted at 15:33:28


 


 


 


「パッチギ」が何故クソ映画なのかも、


「かぞくのくに」を見るとよく分かる。


 


結局井筒は北朝鮮を全く描けていないのだ。


 


というより在日ネタを並べて北朝鮮の現実を隠蔽する意図でもあるのだろう。だが「かぞくに」を見れば、


 


北朝鮮の独裁金王朝こそが、


在日にとっても最大の災厄であることが分かる。


 


posted at 16:08:40


 


 


 


「かぞくのくに」をお花畑が見たら「北の人も生きてるんだから


仲良くしようよ」などとバカを口走るのだろうが、私はこの映画を見て


 


日朝戦争の正義性と必要性をますます確信した。


 


北韓人民は「生きている」のではない。


「生き抜いて」いるのだ。


金正恩が気分で自国民の頭に爆弾を載せる


「空爆」の中を。


 


posted at 16:32:13


 


 


 


テアトル新宿で水曜なら千円。


 


RT @johanne_DOXA: 観たいな、「かぞくのくに」。“@青狼会:「パッチギ」が何故クソ映画なのかも、「かぞくのくに」を見るとよく分かる。結局井筒は北朝鮮を全く描けていない~だが「かぞくに」を見れば~金王朝こそが、在日にとっても最大の災厄…”


 


posted at 17:00:48


 


 


 


そして奇しくも、昨日見た二つの映画が


全く同じ話だったことに気づく。


 


「コードギアス 亡国のアキト」は、


家族を守るために日本人部隊の若者たちが死んでゆく話。


 


「かぞくのくに」は、


家族を守るために帰国者の在日が狂い死にを覚悟する話。


 


そして彼らの不幸の原因も全く同じ。


 


お花畑で戦えない日本。


 


posted at 17:27:27


 


 


 


 


 


[PR]
by bluewolves01 | 2012-08-23 23:59 | 指定なし
 

2012年07月31日(火) のツイート

  

ハア?「革命とは無縁な歌商売?音楽は方法論は違っても常に時代を反映するものですよ」などと「革命」に「時代」を絡めて語り出したのはあなたの方でしょ?。

RT @carmen__maki: ~時代を「反映」することと「革命」とどう関係性があるのか、あなたの言っている意味がわかりません。

 

posted at 11:17:14

 

 

つまり「革命へと通じなければ意味がない」なるあなたのご託宣に従うならば、カルメン・マキの歌や唄にも「意味がない」笑。自白御苦労。 

RT @carmen__maki: ~音楽は時代を「反映する」ものであると言っているのであって私の歌が革命を起こしたなどとは一言も言っていません。~

 

posted at 11:18:12

 

 

それとも「カルメン・マキは「革命とは無縁な歌商売」をしているから革命など起こさなくてもよいが、原発反対デモには革命を起こす義務がある」とでも言いたいのか?。

RT @carmen__maki: ~私の歌が革命を起こしたなどとは一言も言っていません。しかし少なからず人々の心の中に~

 

posted at 11:18:34

 

 

おいおい、「ファッション」「流行」「長続きしない」「革命へと通じなければ意味がない」などという罵倒が応援だと?。笑わせるな。

RT @carmen__maki: ~あのねぇ、私はデモに反対してるなんて1度も言ってませんよ。むしろずっと応援しているのですよ。デモに反対しているのでは~

 

posted at 11:19:36

 

 

革マル全学連の政治的カッパライと対峙し続ける反原連を罵倒して安易に革命をアジり、結果的に革マル派の尻押しをしている自覚も無いのか?。お気楽な芸人だな。

RT @carmen__maki: ~デモのやり方在り方について私なりの見解を述べているのです。もっと良くなってほしいからです。

 

posted at 11:21:27

 

 

「革命へと通じなければ意味がない」などと吹き上がる全共闘芸能こそが「失敗や挫折」を生んできた旧態依然の「やり方」。どこが「別」なんだ笑。

RT @carmen__maki: ~失敗や挫折を繰り返さないためにももっと別の良いやり方在り方を模索するべきではないかと苦言しているのです。

 

posted at 11:22:01

 

 

失敗の反省も無いままに旧態依然を居直る。まさに原発ムラと同じ体質。「全共闘ムラ」ってのもあるんだな笑。 

RT @carmen__maki: ~私は私の意見を言っているのですから撤回する気はありません。~「全共闘崩れの婆あ」でけっこう。誇りを持ってこれからもそれで行きます(笑)。

 

posted at 11:27:32

 

 

「本気」のカルメン・マキの歌はいつ「革命へと通じ」たんだ?。って話が最初に戻った。全共闘ババアの話は繰り返しばかりでラチがあかんな呆。 

RT @carmen__maki: ~私は本気ではないと?それこそあなた失礼でしょう?本気で取り組んでる人だったら革命を意識して当然でしょう。

 

posted at 11:28:28

 

 

出勤前に介護労働。しかも無償。やれやれ…。

 

posted at 11:45:59

 

 

 その後なんの返答も無く、数日後に見たら「本気で取り組んでる人だったら革命を意識して当然でしょう。」などとエラそうな御託を並べていた「歌手歴43年」の「カルメン・マキ」のツイッターアカウントは非公開になっていた。。。

 

 そんな軟弱なことで「革命」が起こせるかあああ!!!。

 

 

[PR]
by bluewolves01 | 2012-08-03 23:59 | 指定なし